ハンドメイド・作り方

キーケースのつくり方

2016/06/29

スポンサーリンク

キーケースのつくり方

 

P1110785 (2)
三つ折りで、開閉はマグネットボタン・内側にファスナーポケットが1つあるタイプで、キーホルダー金具は4連キーホルダーを使用しました。
出来上がりサイズ
縦約13センチ
横約18センチ

準備するもの

表布  1枚
内布  1枚
キルト芯 1枚キーケース
接着芯硬め(マグネットボタン取り付け位置補強用・キーホルダー金具取り付け位置補強用)
マグネットボタンの直径より、1センチほど大きめにカットしたもの  2枚
キーホルダー金具より、縦横それぞれ1センチほど大きめにかっとしたもの  1枚

ファスナー
キーホルダー金具
カシメ  2コ
差し込み型マグネット

作り方

1.表布と内布を裁断する
2.表布の本体表部分に、キルト芯を貼る。
3.表布・ファスナー・を、出来上がり線で縫う。
4.3に内布を中表で合わせ、中心部分5センチ以外の出来上がり線を縫う。
5表に返し、ポケット部分を折り、ファスナーの布を縫い付けていない方の端を本体内布に縫い付ける。
6.5の縫い目の上にレースまたは、綾織テープを縫い付けます。
縫い目を隠すためですので、飛ばしても大丈夫です。
7.マグネットボタンを取り付ける。
1.取り付け位置に、マグネットボタンの受け皿を当て、差し込み金具取り付け位置に、印をつける。
2.印を付けた箇所にニッパーなどを使い、穴を開ける。
3.マグネット金具を、布に開けた穴に入れ、受け皿を差し込み、金具の足を外側に折り倒す。
マグネット金具が、ぐらついていないか確認し、ぐらついている場合は足部分を調整する。
8.表布・内布を中表に合わせ、出来上がり線を縫う。
9.返し口より、表に返す。
10.返し口を縫い閉じる。
11.キーホルダー金具を取り付ける。
1.取り付け位置に、キーホルダー金具を置き、カシメ取り付け位置に、印を入れる。
2.印をつけたところに、千枚通しを使い穴を開ける。
生地の糸が引っ張られ寄ってしまわないように注意する。
3.キーホルダー金具・布にカシメを取り付ける。


ポイント

内布のキーホルダー金具を取り付ける面に、厚めの接着芯を貼るとよりしっかりした仕上がりになります。
普通の鍵を取り付ける場合は、縦が12センチでも大丈夫です。
車の鍵など、大きめの鍵を取り付ける場合は、縦が14センチくらいあったほうがいいと思います。
マグネットボタンの代わりに、スナップボタンを使うときは上下2ヶ所に取り付けると、型崩れしにくくなります。

 

P1110786







-ハンドメイド・作り方